韓国K-POP男性アイドル イベント情報・スケジュール検索サイト

PODA

「PRODUCE101」シーズン2出演者のその後&現在の活動まとめ [2018.10更新]

K-POPアイドルオタのメンタルを振り回しまくった、男子アイドル練習生によるサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」(以下:プデュ)シーズン2終了から約半年。

私自身はリアルタイムで熱心に視聴していたというわけではないのですが、イベント情報等を追っていく中で「プロデュース101出身の○○が~~」というフレーズを目にすることがあまりに多く、「結局どれくらいの順位だったメンバーが今現在どういう活動してるんだ…?」という疑問がチリも積もって山になったので、練習生たちのその後をドカンとまとめて調べてみました。

名前に添えてあるのは、番組での最終順位です。

グループ・ユニット結成(プデュ出演者同士)

出演者同士でグループやユニットを結成し活動しているケース。

複数の事務所が協力して大人数でデビューさせるグループ形式と、同じ事務所のメンバー同士で組んでユニットとして活動する形式に分かれています。

Wanna One

番組の趣旨である「視聴者(国民プロデューサー)投票で選ばれた上位11人で結成」された、「PRODUCE 101」からの正規デビューグループ。グループ名は「メンバーとファンが1つになる」という意味から。

Wanna One
@WannaOne_twt

メンバーは、カン・ダニエル(1位)、パク・ジフン(2位)、イ・デフィ(3位)、キム・ジェファン(4位)、オン・ソンウ(5位)、パク・ウジン(6位)、ライ・グァンリン(7位)、ユン・ジソン(8位)、ファン・ミンヒョン(9位)、ペ・ジニョン(10位)、ハ・ソンウン(11位)

2017年8月に「Energetic」でデビュー。デビュー曲は各音楽番組で15冠を達成・続くリパッケージ「Beautiful」でも複数の番組で1位に輝き、2017年の音楽祭で多数の賞を獲得するなど、さすがの大本命グループとしてダントツの人気・実力を証明しています。ファンからの支持はもちろん、韓国企業評判研究所による韓国ボーイズグループの個人ブランド評価でも全メンバーが上位にランクインするなど、今韓国で一番勢いがあるグループと言ってもいいんじゃないでしょうか。

私の狭い観測範囲内でも、他のドルにキャッキャしてたはずの女たちがふいに現れたカン・ダニエルにやられる様を何度か見かけました。「なんかねえ……見ちゃうの」って言ってた。カン・ダニエルこわい(饅頭こわい)

来日公演は2017年11月のMAMA授賞式のみ(2018.01時点)。でも日本公式サイトが開設されたりもしているので、今後日本での活動もなくはないのでは?といった感じ。

番組との契約で、活動期間は1年6ヶ月(2018年12月末まで)。勿体ないような気もしますが、元々の所属グループがある子もいるし、華々しく活動してちゃんとお別れをさせてくれるなんてこと、アイドル(特にK-POP)界ではなかなか無いので、ある意味幸せな経験なのかもしれません。

YDPP

チョン・セウン(12位)、MXMイム・ヨンミン(15位)とキム・ドンヒョン(28位)、イ・グァンヒョン(44位)の4人で構成されたプロジェクトグループ(プロジェクトグループ?)。2つの事務所がタッグを組んだ形です。グループ名はメンバー達が追及する音楽的なカラーを表現した「YOUTH、DREAM、PASSION、PURITY」の頭文字から。

YDPP
@bnmboysofficial

2018年4月に「LOVE IT LIVE IT」でデビュー。

JBJ

番組が放送される中で、ファンの間で自分達のお気に入りを好きに集めて「このメンバー達でグループが出来たとしたら」と「もしも」の想像でポワポワすることはそう珍しくないと思うのですが、ポワポワどころかボーボーに盛り上がった結果、事務所の大人たちが動いて本当にそのグループが実体化してしまったというパターン。グループ名はファン達の間で使われていた愛称から。由来は「Just Be Joyful」の他、韓国語の「本当に望ましい組み合わせ」という言葉の頭文字でもあります。

JBJ
@JBJofficial787

メンバーは、キム・ヨングク(21位)、クォン・ヒョンビン(22位)、タカダケンタ(24位)、ノ・テヒョン(25位)、キム・サンギュン(26位)、キム・ドンハン(29位)

本来ならここにキム・テドン(30位)も合流するはずでしたが、所属事務所とのトラブルのため加入はかないませんでした。

2017年10月に「Fantasy」でデビュー。ファンアートのようなイラストが実写のメンバーに変わっていくティーザーや、「You’re not a daydreamer(これは空想じゃないよ)」で始まる歌詞など、ほんとにオタク(ファン)の夢を全力で叶えにきました!という感じでした。オタクこういうの大好きだから…これはもうオタクである以上抗えないやつだから…夢だけど…夢じゃなかった…。

メンバーの所属事務所がそれぞれ異なることもあって、当初発表されていた活動期間は7ヶ月でしたが、延長の可能性についても前向きに検討中のようです。2018年1月にリリースしたセカンド曲「꽃이야(花よ)」で初めての1位(ミュージックバンク)を獲得しました。

追記

2018年4月、惜しまれつつ解散。各メンバーはソロ活動へ。

RAINZ

こちらも、JBJと同じようにファンの後押しのもと所属事務所の垣根を越えて結成されたグループ。メンバーが集まって写真を上げていたのが雨の日ばかりだったことからファンの間で生まれた愛称がそのままグループ名になりました。後付けですが、「Rapturously inspiriting boyz(うっとりするようなインスピレーションをもたらす少年たち)」という意味も。

RAINZ
@RAINZ_Official

メンバーは、ソ・ソンヒョク(31位)、ホン・ウンギ(38位)、ビョン・ヒョンミン(45位)、キム・ソンリ(47位)、イ・ギウォン(53位)、チュ・ウォンタク(62位)、チャン・デヒョン(83位)

2017年10月、「Juliet」でデビュー。韓国デビューとほぼ同時に日本公式サイトを立ち上げ、積極的に情報発信をしている他、日本でのプロモーションイベントも精力的に行っていました。プデュからのデビュー組としては一番日本活動に力を入れてるんじゃないでしょうか。来日中は、地震で日程がズレた韓国の大学入試試験とプロモーションスケジュールがモロに被ってしまい、イベントを昼の部で抜けて試験を受けに韓国に戻ることになったメンバーがいたりと、なかなかのハードっぷりだったのが記憶に残っています。さすがに休ませてあげて欲しい。

デビューショーケースでの発表では、活動期間は1年(2018年10月まで)とのこと。

キム・ヨングク&キム・シヒョン

キム・ヨングク(21位)とキム・シヒョン(降板)のユニット。所属事務所・チュンエンターテイメントからとったチュンズという愛称で呼ばれていた2人ですが、シヒョンさんは健康上の理由で番組にはほとんど参加しないまま降板。

キム・ヨングク&キム・シヒョン
@Official_Choon

2017年7月に「the.the.the」でデビュー。この後、ヨングクさんはJBJに合流。シヒョンさんは「プロデュース101」シーズン1出演者のキム・ソヒさんとデュエット曲をリリースしたり単身で日本ファンミーティングを開催するなどの活動をしています。

MXM

BRAND NEW BOYS(BRAND NEW MUSICの練習生)のイム・ヨンミン(15位)とキム・ドンヒョン(28位)によるユニット。ユニット名は「MIX & MATCH」「MORE × MORE」の略。2人の異なる魅力をあわせてより素晴らしく成長するという意味がこめられています。

MXM
@bnmboysofficial

2017年9月、「I’M THE ONE」でデビュー。デビューアルバムの楽曲制作には、メンバーのキム・ドンヒョンの他、同じBRAND NEW BOYSでWanna Oneとして活躍するイ・デフィも参加。

2018年1月にはセカンドミニアルバムでカムバックもしています。

ヒョンソプ×ウィウン

アン・ヒョンソプ(16位)とイ・ウィウン(23位)によるユニット。こちらも同じ事務所の所属メンバー同士で構成されたユニットです。

ヒョンソプ×ウィウン
@yhent_korea

2017年11月、「좋겠다(It Will Be Good)」でデビュー。

所属事務所YUE HUAは中国で設立された会社ということでちょっと珍しいですね。所属メンバーは放送当時ファンの間で「新芽ズ」と呼ばれていたようです。他の新芽ズメンバーのうち中国籍の2人は中国版プデュこと「偶像練習生」にチャレンジしてます。

チャン・ムンボク&ソン・ヒョヌ

チャン・ムンボク(27位)とソン・ヒョヌ(61位)によるユニット。2人は元々は別々の事務所でしたが、ヒョヌさんがムンボクさんの事務所に移籍したことで活動が叶ったという流れのようです。

チャン・ムンボク&ソン・ヒョヌ
@ONOEnt_Official

知名度だけで言えば1・2を争えるのではないかというムンボクさん。「あの鉄矢」と言われれば大抵の人はピンと来るんじゃないでしょうか。終了後、ソロの仕事も結構やってましたね。登場時から弄られ倒し、最終回までには切るんじゃないかと思われていたトレードマークのロングヘアは今なお現役。ここまでくるとヘタに切れないのか。個人的にはストレートより画像のように巻いてニュアンスを出す方が似合うんじゃないかと思ってます。ムードがグッと出てる。出すべきムードなのかどうかはよくわからない。

2017年12月、デジタルシングル「겁 먹지마(Don’t be afraid)」をリリース。

ムンボクさんは今新たにソロでのデビューの予定があるようで、クラウドファンディングサイトで資金を集めています。日本円で¥52,000弱の出資で各種特典に加えてムンボクさんと1:1のテレビ電話が出来るとのこと。どうですか。

3/6 追記

ムンボクさんソロデビュー(ソロの項目に移動

AA

チョン・ドンス(36位)とキム・ナムヒョン(52位)のユニット。

AA
@AAOFFICIAL_show

2017年8月、「FLEX」でデビュー。2人は以前OFFROADというグループで活動していましたが、デュエットとして再デビューする形で、それぞれ活動名もARKAY(ドンス)・ADDCORN(ナムヒョン)に変更。グループ名のAAはこの活動名の頭文字から。

UNLOCK

イム・ウヒョク(66位)とユ・ジンウォン(75位)によるユニット。

UNLOCK
blessingboys2017

2017年11月、デジタルシングル「Slide to UNLOCK」をリリース。2018年1月に来日し、2週間のライブ公演を実施していました。

グループ結成・グループ加入(プデュ出演者以外)

出身者以外のメンバーとグループを結成しデビューするケースと、既存のグループに新メンバーとして加入することになったケース。

NU’EST

カン・ドンホ(13位)、キム・ジョンヒョン(14位)、チェ・ミンギ(20位)

NU'EST W
@NUESTNEWS

ここは少し例外で、元の所属グループに戻ったパターンですね。メンバーの1人ファン・ミンヒョン(9位)がWanna Oneとして活動することになったので、他のメンバー4人でNU’EST Wとして2017年10月「WHERE YOU AT」でカムバック。プデュでの奮闘に後押しされて、デビュー6年目にして初となる音楽番組1位を獲得しました。

THE BOYZ

チュ・ハクニョン(19位)

THE BOYZ
@Creker_THEBOYZ

12人グループとして、2017年12月「Boy」でデビュー。

元SM社員がプロデュースしたグループということで、メンバーの顔面偏差値の高さが話題になってましたね。韓国デビューとほぼ同時に日本公式サイトをオープンさせているところを見るに、日本活動もガッツリ視野に入れているようで頼もしいです。

ONEUS

イ・ゴンヒ(33位)、ヨ・ファヌン(42位)、イ・ゴンミン(94位)

ONEUS / ONEWE
@official_ONEUS

同事務所の練習生とともにRBW BOYZとしてデビューに向けての公演活動を行っていましたが、グループ名をONEUSに改めて5人での正式デビューが決定しました。ゴンミンさんは名前をソホに改名。メンバーにはドンミョンさん(ONEWE)の双子の弟もいます。

The East Light.

イ・ウジン(34位)

TheEastLight
@TELTheEastLight

プデュ出演前にゲストメンバーとして参加していたバンドにマンネとして正式加入する形です。2017年7月「I Got You」から活動開始。

後ろ2人の貫禄がハンパじゃないんですが、メンバー全員が2000~2003年生まれ(平均年齢16歳)とのこと。マジでか。

N.Flying

ユ・フェスン(39位)

N.Flying
NFlyingofficial

バンドグループにボーカルとして加入。グループとしては2016年1月に日本でもメジャーデビューしていて、活動歴もそこそこあります。

フェスンさんは2017年8月「진짜가 나타났다(The Real)」から活動開始。

T.E.N

キム・テウ(49位)

T.E.N
nardaenter.com

RIONFIVEというグループのメンバーでもあるテウさん。グループとしてMIXNINEにもチャレンジしていましたが、更に中国の企画会社と組んで中国人メンバーとともに新しい10人組グループ「T.E.N」を結成するとクラウドファンディングサイトで資金を募集。企画は無事に達成され、T.E.Nは2018年5月にデビューショーケースを開催し、タイトル曲「해요해요」を披露しました。

ONEWE

ソン・ドンミョン(68位)

ONEUS / ONEWE
@official_ONEWE

「THE UNIT」出演後、元々の所属グループでもあるバンド・MASのメンバーとして、同事務所のRBWの練習生(RBW BOYZ)と共にデビューに向けて公演活動。グループ名をMASから「ONEWE」に変更し、デビュー準備中。

NOIR

キム・ヨングク(76位)、ユ・ホヨン(87位)、ナム・ユンソン(降板)

NOIR
@Noir__official

2018年4月に「GANGSTA」でデビュー。プレデビュー時は8人編成だったんですが、1人追加して9人グループとして正式デビューとなったようです。

SPECTRUM

キム・ジェハン(81位)

SPECTRUM「Be Born」
@spectrum_0510

7人組グループとして2018年5月9日に「불붙여(Light it up)」でデビュー。

BAIKAL

パク・ヒソク(86位)、ワン・ミンヒョク(89位)、キム・ドヒョン(92位)

BAIKAL
baikalofficial

7人組。2017年9月、「Hiccup」でデビュー。2017年12月には来日してフリーライブイベントを開催していたようです。

MY.st

チョン・ウォンチョル(95位)

MY.st
@5MY_st

「THE UNIT」オーディション出演を経て、5人組グループとして再スタート。2018年3月から新大久保での活動を開始。1stミニアルバム発売予定。

Newkidd

チェ・ジェウ(97位)

Newkidd
@jflo_newkidd

元SMルーキーズで現在UNBとしても活動中のハンソルさんが所属するグループ・Newkiddの新メンバーに。チェ・ジアンと名前を変えて、デビューへ向けて準備中。

LUCENTE

ハン・ジョンヨン(降板)

LUCENTE

自己紹介動画で青唐辛子を一気食いしたことから「青唐辛子くん」を呼ばれていた彼。過去の素行問題をうけ番組は降板。その後MIXNINEにも出演していました。マル企画から事務所を移籍し、PARKHAと名前を変え7人組グループLUCENTEの一員として2018年9月に「YOUR DIFFERENCE」でデビュー。

ソロデビュー

単身でデビューし活動しているケース。

チョン・セウン

チョン・セウン(12位)

チョン・セウン
@jeongsewoon_twt

2017年8月、「JUST U」でデビュー。番組ではあと一歩のところでデビュー圏内入りを逃した形ですが、そうは言ってもさすがの上位メンバー、デビュー曲で1位候補に入るなど人気の高さを見せつけていました。現在(2018.01)もセカンド曲「BABY IT’S U」でカムバック活動中。

Samuel

キム・サムエル(18位)

サムエル
@bravepunch_

2017年8月、「Sixteen」でデビュー。
SEVENTEENの候補生→ラップグループ1PUNCHのPUNCH→プデュ出演のキム・サムエルと、16歳とは思えない経歴を持つサムエルくんが、ついに本名のSamuelでソロデビューを果たした形です。

その後「CANDY」でカムバし、2018年2月には「SIXTEEN-Japanese Ver.-」で日本デビューも決定。楽曲をリリースしての正式な日本デビューはプデュ出演者の中では初めてじゃないでしょうか。

チャン・ムンボク

チャン・ムンボク(27位)

チャン・ムンボク「Peeps」
@ONOEnt_Official

ソン・ヒョヌさんとのユニットとしても音源を出していたムンボクさん。クラウドファンディングで資金を募り、2018年3月に「RED」でソロデビュー。

BIL

キム・サンビン(48位)

BIL
12percentmusic

2017年12月、デジタルシングル「Juicy」でデビュー。公式MV等は無いようですが日本をウロついてる動画が上がってました。目黒の住宅街を徘徊するアイドル。

キム・ヨンジン

キム・ヨンジン(56位)

キム・ヨンジン
kimyongjin_97

韓国の美容整形外科のブログ(日付はプデュ出演より前)に、「こんなに素敵になりました!」の施術例として載っていたことが話題になっていた子です。斬新なバレ方。その後本人も整形を認めていますが、顔より先に髪でもっとやれることがあるんじゃないのか…?というのがずっと気になっています。

2017年9月、「NG」でデビュー。12月には同じくプデュ出身のAAのARKAY(チョン・ドンス)と組んで「Alt+F4」をリリースしています。

4/27 追記

AWEEKという6人組で2018年5月から新大久保で活動をスタートさせています。
AWEEK
@aweekjp

タレント・俳優活動

タレントやモデル・俳優など、楽曲リリース以外での活動をしているケース。

ユ・ソンホ(17位)

ユ・ソンホ
@CUBE_YOOSEONHO

ウェブドラマ「悪童探偵s」への出演の他、ソウル・タイ・日本・香港でのファンミーティングを成功させ、今後もアジアでのファンミーティングツアーを継続予定とのこと。

4/11 追記

2018年4月、「春が来れば」でソロデビュー。

パク・ソンウ(37位)

パク・ソンウ
GIOAMI

29歳という年齢が話題になっていたソンウさんは、俳優業に移行。ウェブドラマ「全知的片思い時点」・「オー! 半地下の女神たちよ」に出演。グラビアの仕事もいくつかやっています。

イ・ユジン(54位)

イ・ユジン
youjin0406

ドラマ「青春時代2」出演に続き、映画「いま、会いにゆきます」に出演確定。

キム・テミン(降板)

キム・テミン
@harcompany

プデュは腸閉塞のため降板。映画「ひそひそ」で俳優デビュー予定。

オーディション番組出演

更なるワンチャンを求めて次のオーディション番組へ挑戦したケース。

偶像練習生

偶像練習生
idol2018_qiyi

ジャスティン(43位)とジョンジョン(51位)の中国人メンバー2人が出演。

何の疑問もなく、プデュと中国の会社が提携してやってるんだろうなと眺めていたら、先日Mnetが「権利侵害だ」ってブチギレ告知出してて驚きました。こないだはTHE UNITの楽曲がBGMに使われたりもしていたようで、こういうのは堂々とやるのがコツなんだろうなと思います。

4/7 追記

ジャスティン・ジョンジョンは最終結果でそれぞれ4位・6位に選ばれ9人組グループ「9%」としてデビューすることが確定。

MIXNINE

MIXNINE
@jtbc_mixnine

出演したのは、パク・ウダム(35位)、ウ・ジニョン(40位)、キム・テウ(49位)、チェ・ドンハ(63位)、チョ・ジニョン(72位)、ユン・ヨンビン(73位)、キム・チャンユル(78位)、チョ・ヨングン(93位)、イ・ゴンミン(94位)、ハン・ジョンヨン(降板)

YGエンタとプデュの企画演出を担当したプロデューサーがタッグを組んだ番組とあってか、プデュからの参加者多数。

そしてなんと、先日迎えたファイナルではプデュで40位だったウ・ジニョンさんが見事1位を獲得しデビュー権をゲット。ワンチャンは、ワンチャンは実在しました!!!

追記

その後、MIXNINEのデビュー企画は立ち消えになってしまいましたが、ウ・ジニョンさんは同じくMIXNINEに出演していたキム・ヒョンスさんと共に2018年6月にSpecialミニアルバム「PRESENT」をリリース。

ウ・ジニョン

THE UNIT

THE UNIT
THEUNIT.UNIT.B

ソン・ドンミョン(68位)、チョン・ウォンチョル(95位)

MIXNINEと比べるとハクが弱かったのか、こちらは2人だけ。ウォンチョルさんは元所属グループのA6Pの名義で出演したものの、初回のオーディションで落とされ候補者入りならず(この後、MY.stというグループで新大久保活動を開始)。ドンミョンさんは所属グループMASでの参加。他のメンバーは途中で脱落してしまいましたが、最高順位8位・最終順位16位とかなりの健闘を見せました。

ドンミョン
kbs.co.kr

まとめ

調べた限りでは、プデュ出演者101人のうち約60人が何らかの芸能活動をしているという結果になりました。

この他にも、ファンミーティングを開催したり同事務所の練習生とデビューに向けて動こうとしているような子達がいる一方、事務所を辞めたり芸能界自体から離れた子も何人かいるようです。

売れ線にいるのがランキング上位陣なのは当然としても、順位が低めでもデビューにこぎつけたりイベントを開催したりっていうことが実現できているところを見ると、あらためてプデュの人気のすごさを思い知らされます。

出演中はやっぱり心身のプレッシャーがすごかったとのことで、注目を浴びることで得るものばかりというわけにはいかないでしょうけれど、それでも賭けるだけの価値のある番組になったのは良かったんじゃないかと思います。デビュー組はもちろん、既存のグループに光を当てることが出来たNU’ESTも大成功例ですよね。

プデュの2匹目のドジョウを狙った後継のサバイバルオーディション番組「MIXNINE」が終了し、来月には「THE UNIT」もファイナルを迎えます。プデュほどとは言わないのでせめてプデュの半分くらいは売れてくれ…むくわれてくれ…なんなら多少汚い手を使ってでもゴリ押してくれ…と手を合わせる今日この頃です(推しが出演しています)(U-KISSマンネ・ジュンくんをよろしくお願いします)。

PRODUCE 101出身者達の来日イベントスケジュールを見る


Comment

  • 私もあれに出た子で他で出てるの何位だったんだろうって。

    とても楽しく読ませて頂きました。

    THEUNITはハンギョル君とドンミョン君押しだったんですが、ドンミョン君そこにいたのねぇ。

    新たな情報ありがとうございます。

    YG絡みのは代表謝ってましたね、デビューさせれなくてごめんとか、オイオイですよ。

    とても楽しかったです。

    ブックマークしちゃいました。

  • ありがとうございます。楽しんでもらえて嬉しいです。

    MIXNINEはほんとに残念でしたよね。1位だった子は今またさらに事務所のデビュープロジェクト企画に参加させられてるようで。頑張って欲しいです…。

Comment form

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL : http://dareae.info/archives/produce101-season2-debut/trackback