韓国K-POP男性アイドル イベント情報・スケジュール検索サイト

PODA

タワーレコード渋谷 イベントスペース レポート [6/6更新]

タワーレコード渋谷店開催の韓国・K-POPアイドルのイベントで会場として使用されることが多いのがCUTUP STUDIO5FイベントスペースSpaceHACHIKAIの3ヶ所。

これらのイベントスペースについて画像つきで解説します。

タワーレコード渋谷店 イベント用スペース

タワーレコード渋谷にはいくつかのイベントスペースがありますが、韓国・K-POPアイドルのイベントで使われるのはおおむねこの3ヶ所です。

タワレコ渋谷 フロアマップ

フロアマップ

B1F CUTUP STUDIO

CUTUP STUDIOへは、店舗入口から入って左手奥を目指します。

カウンターの隣を抜け、カプセルトイの機体が並ぶエリアを進むと、エレベーターのさらに奥に看板が見えます

タワーレコード渋谷 CUTUP STUDIO

この先(つきあたり右手)には階段があり、イベントの際はこの階段を使って入場します

階段はCUTUP STUDIO開場前の待機場所になっているので、参加する際(整理番号がある場合)は階段の壁にある貼り紙を見て指示に従ってください。

画像のように踊り場ごとに貼り紙が張られています。手持ちの整理券番号によっては少し階段を登らないといけなくなりますね。

タワーレコード渋谷 CUTUP STUDIO

階段

並んでいる人に声をかけて番号を確認しつつ自分の位置を探すことになりますが、入場時にも番号での呼び出しと整理番号確認があるので、少しくらいのズレなら問題ないのではないかと。

スタジオ内のキャパは300人程度

タワーレコード渋谷店のメインといっていい、それなりの設備の揃った会場で、ミニライブや特典会の他に公開収録に使われることも多い場所です。

ステージの高さが低いので、よほど前方でない限りステージ上のメンバーは胸元くらいまでしか見えないと思いますが、左右にはモニタが設置されていて、後方からはそちらを見ることも出来ます。

イベント開催時の様子

4F イベントスペース

2019年1月の改装に伴い、K-POPフロアは5Fに移転

エスカレーター・エレベーターで4F(K-POP取扱いフロア)まで上ります。

4Fイベントスペースは、店舗スペースの一角に設置される形で、壁際のレジのそばレジに向かって右手の角にあります。

タワーレコード渋谷 4Fイベントスペース

イベントの際はスペース前にちょっとした仕切りが設けられます。

CDなどを購入した対象者だけが入場出来るケースもあれば、後方をフリーエリアとして開放しているケースもあります。いずれにしても、観覧は購入者が優先となるのが一般的ですね。

ステージの高さは数10cm程度。
店舗の一角ですので、キャパとしては100人程度でしょうか。

タワーレコード渋谷 4Fイベントスペース

ちなみに、サイン入り大型パネル展示などはこのイベントステージのちょうど反対(レジ向かって左手)の壁側で展開されていることが多いです。

5F イベントスペース

2019年1月からK-POP取扱いフロアは5Fに移り、イベントスペースも従来より広めのものが常設されるようになりました。

エスカレーター・エレベーターで5Fまで上ると、レジカウンター向かって右手の壁際にステージがあるのがわかります。

タワレコ渋谷 5Fフロアマップ

5Fフロアマップ

壁際一面を使っているので、4Fにあったものと比べると奥行きも倍くらいになっています。

タワレコ渋谷 5F イベントスペース

奥行

ステージも広くなり、パフォーマンスの幅も広がりそう。

タワレコ渋谷 5F イベントスペース

ステージ前

8F SpaceHACHIKAI

イベントの他、展示会や期間限定ショップなどにも使用される8Fのイベントスペース。

店内MAPには「エレベーターをご利用ください」と書かれていますが、CUTUP STUDIOと同じくイベント開催時は階段が待機場所に指定されることが多いようですので、集合場所の確認等は忘れないようにしてください。

イベント開催時の様子


Comment form

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL : http://dareae.info/archives/tower-record-shibuya-event-space/trackback